MENU
海外FXの始め方

【海外FX】初心者が釣られがちなコピトレとは!?使い方と注意点【他人の真似で稼げるの?】

海外FXの業者では、『コピトレ』と呼ばれる他人のトレードをそのまま自分の取引にできるというシステムがあります。

コピトレには簡単に使える等の利点も幾つかある一方、
注意点も幾つかあるため、利用を考える場合は使い方と共に理解しなければいけません。

コピトレとは他人のトレードをコピーする自動売買システム

『コピトレ』とは、コピートレードの略称であり、コピーという名称から分かるように他人のトレードをそっくりそのまま真似する自動売買システムです。

コピトレとは?
コピートレードの略称。
他人のトレードをそのまま真似する自動売買システム

コピトレ以外にも『ミラートレード』や『ソーシャルトレード』とも呼ばれますが、
名称の違いだけで根本的な内容は変わりません。

例えばA(自分)が、B(相手)をコピートレードする場合を
見ていきましょう。

AがBを相手にコピートレードの対象にした場合、
B(相手):ドル円を買いで取引
A(自分):Bと同時にドル円を買い ←システム側が自動的に取引

対象となったトレーダーが取引した時、自動的に同じ取引が成立

システム側で自動的に判断するため、
利用者側はトレーダーを選んで以降、特に自分で設定する必要はありません

一般の自動売買と大きく違うのは、
自動売買は如何に取引をするか自分で設定を組み立てなければいけません。

しかし、コピトレは幾つか設定する必要はありますが、
相場の取引に関わる設定はコピー元になるトレーダーを選ぶだけなので、
相場の状況を確認し組み立てる必要はありません

もちろん利用対象となるトレーダー側にもメリットはあり、
コピトレの元に選ばれた場合に成功報酬が支払われます。

つまり、選ばれれば選ばれる程金銭が手に入るため、
利用側とされる側の双方に利益が生じる仕組みとなっています。

日本では規制の関係で普及していない

FXのシステムとして便利なコピトレですが、
現在普及しているのは海外FXだけで、国内FXでは全く普及していません。

理由として
国内FXでは海外FXに比べ規制が厳しく、
コピトレのシステムは投資助言という行為にあたり、
利用するには金融庁の許可が必要となってしまいます。

つまり、国内FXでは簡単に運用できない仕組みになっているからです。

海外FXに比べ国内FXの規制が厳しいのは、
過去にFX業界において問題が起きたケースが多く、
コピトレに関しても過去に詐欺行為で利用されたケースがあり、今の現状に繋がっています。

コピトレを利用したい方は、海外FXで口座開設を

コピートレードの使い方

コピートレードを利用するには、
まずシステムを提供している海外FXの業者で口座開設を行う必要があります。

まずは口座開設

コピートレードを利用するには・・・
システム提供している海外FX業者での口座開設が必要

国内に比べ普及しているとはいえ、
全ての海外FX業者で提供しているとは限らないため、
利用したい方はコピトレを提供しているかサイト内の情報を確認してください

国内と違い海外FXでは何の準備もなしに、
必要な情報を入力するだけで口座開設できますが、
本格的に取引する時や入金、出金する時に書類を必要とするケースが多いため、
予め必要書類を確認し用意しておきましょう。

口座開設時には、必要書類を用意しておこう

コピトレは本来の口座は使わずに、別の口座による取引となる仕組みです。

コピートレードする口座は・・・
本来の口座は使わずに、別の口座による取引となる

口座開設が終わった後は改めてコピトレ用の口座開設を行うため、
口座開設できるページ(公式サイト)を探して必要な情報を入力します。

テストがある場合も

しかしコピトレを提供している海外FX業者の中には、
システムを利用するに相応しい知識を持っているかテストをしてくるケースもあり、
合格しなければ利用はできないこともあります。

該当する場合はまずテストに合格できるレベルの知識を身に付けるところが始めましょう。

実際にコピトレはトレードをコピーできるとはいえ、
利用するにおいて気をつける点が幾つかあり、
中にはFXに関する知識がなければ意識できない点もあります。

そのため、テストのあるなしに限らず
最低限のFXへ関わる知識を身につけるのは必須です。

トレーダー選び

別枠で口座開設が必要になる点から予測できるように、
コピトレ用の口座にはメインの口座開設とは別に資金を入金する必要があるため、
コピトレに利用する分の金額を入金しましょう。

海外FXの業者により異なりますが、
大抵の場合は現在同じ海外FX業者で取引しているトレーダーが利益率やコピー元にした人数等の情報と共に、ランキングのような形式で一覧として表示されます。

トレーダーを選ぶと、情報入力をする場面に移るため、
他のトレーダーを利用するかも含めて入力する情報を考えましょう。

コピトレは国内のFX業者で普及していないシステムなので、
何か分からない点が出た時は、利用している海外FX業者のサポートへ連絡を入れましょう。

コピートレードのメリット

トレードをコピーできるコピトレで考えられるメリットとしては以下が挙げられます。

コピートレードのメリット
  • プロのトレードを真似できる
  • プロのトレードがコピトレを通して学べる
  • 時間のない方でも勝手に取引してくれる

それではそれぞれのメリットについて解説します。

プロのトレードを真似できる

コピトレで最も分かりやすい大きな利点は、
プロと称されるトレーダーのトレードをそっくりそのまま真似できる点です。

実際コピトレでコピー元となるトレーダーを選ぼうと考える場合、
少しでも多くの利益を挙げられ、損失を抑えられるトレーダーを選ぶのが基本です。

提供している業者によりますが、
一覧はランキング形式であるケースが多いため、
上位に表示されるトレーダーが大抵はプロと考えてもいい方達となります。

コピトレはトレーダーを選べば自分自身は何もせずとも、
自動で取引を行ってくれるため、
例えFXを始めたばかりの初心者であろうと取引を自分で判断する必要がありません。

システム側が勝手にプロのトレードを行ってくれるため、
知識や経験不足によるリスクを考えず安定した取引が可能です。

使い方としても自動売買と違い自分で取引の仕組みを考える必要がなく、
単に表示されたトレーダーを選び投資金額といった情報を入力すればいいです。

そのため、初心者はもちろんのこと、
自動売買のシステムを今まで利用したことがない方でも、
海外FX業者で口座開設を行えば簡単にすぐ利用できます。

しかし気をつけたい点として、
コピトレはトレーダーを選べば後は自動で売買してくれると非常に便利ですが、
自分で取引をしないため初心者の方はいつまで経っても相場に対する経験が積めません

後述する注意点を理解すれば分かるように
コピトレは完全無欠なシステムではないため、
いざ自分で取引しなければならない状況になると相場へ太刀打ちできない状態となってしまいます。

取引全てをコピトレに任せっきりにするのは×

プロのトレードがコピトレを通して学べる

コピトレでプロのトレードをそっくりそのまま真似できる利点としては、
安定した利益を出せる点ですが、
出せる利益は単なる金銭だけでなくFXに関する知識も該当します。

FXの相場では多くのトレーダーが参加しているものの、
基本的に他のトレーダーがどのような取引を行っているかは相場の値動きという形でしか判断できず、具体的な内容は見れません。

しかしコピトレは他のトレーダーが行うトレードをそのまま行ってくれる関係上、
間接的に対象となるトレーダーが行ったトレードがコピトレを通す形で見れます。

そのため、プロのトレーダーが行ったトレードから、
プロはどのようなトレードで利益を出せているかも学べます

相場に対する知識と経験が不足しているFXを始めたばかりの初心者にとっては、
金銭以上に価値のある利益ともいえ、自分で取引を続けるより勝てるようになる期間が早くなるでしょう。

プロのトレードを見ることで、新しい取引手法が発見できる場合もある◎

時間のない方でも勝手に取引してくれる

コピトレは自動売買の一種であり、一度設定をすればトレーダー側が相場を見ていない状態でもシステム側が勝手に取引をしてくれるものです。

普段FXの取引に時間が取れない方でも、コピトレを起動させておけば機械側で勝手に取引を続けて利益を出してくれる仕組みになります。
設定も一般の自動売買と違い難しくないため、入力する時間も短くて済むでしょう。

普段取引が可能なトレーダーの方にも無関係の話ではなく、
ライフスタイルの都合で特定の時間帯に取引が不可能という時には
コピトレを利用すれば、本来取引できない時間帯に機械側が代行という形で取引を行ってくれます

しかし先の頼りっきりと同じように機械側が勝手に取引してくれるので、
放置すると気づけばとんでもない大損害が出ているというケースもあり得ない話ではありません。

そのため、時間ができた時に現在の状況や結果を確認しておきましょう

コピトレだけに頼りっきりにしてはいけない、という点を考えてしまえば
普段FXに時間が取れないという方は、
コピトレだけに頼らず、他の自動売買システムや自分でシステムを組める勉強することも考えた方がいいです。

コピトレを使う上での注意点

利益、時間という両面から利点のあるコピトレですが、
一方で利用するときに気をつける、
理解しておかなければならない注意点が幾つか存在します。

コピートレードの注意点
  • プロでも人間、完全に信頼できるとは限らない
  • トレードの履歴が見れないケースもある
  • 他の業者へ登録しなければならないケースもある
  • 自分の資金に気を配らなければならない
  • 利用には手数料がかかる

それではそれぞれ注意点について解説します。

プロでも人間、完全に信頼できるとは限らない

プロは一般のトレーダーに比べて、勝率も高く利益も出せている存在です。
しかし、プロといえば彼らもまた人間であり、完全に頼れる存在ではありません。

FXの相場で絶対はないようにプロのトレーダーも全ての局面で成果が出せるとは限らず、トレーダーにより取引のスタイルも異なるため、
相場の状況と変動次第では勝てず、損失で終わる可能性も考えられます

プロといえどコピトレのコピー元として利用する場合は、
ある程度損失が出るのを想定しておく必要はあるでしょう。

ある程度の損失は想定しておこう

他にもコピトレの一覧に表示されたプロのトレーダーが、
現在同じ海外FX業者を利用しているとは限らず、
取引を停止しているケースも考えられる話であります。

該当するトレーダーを選んでしまうと、
いつまで経っても取引が行われず損失は出ませんが利益も出ないため、
現在も取引をしているか表示されている情報から判断しなければなりません。

偽情報にも要注意

しかしコピトレにおける海外FXの問題点としては、
トレーダーが表示される情報を偽ってプロのように見せかけているという特有の現象が存在します。

これはコピー元として多く選ばれると、
成功報酬がもらえるというシステムから出てくるものです。

残念ながら情報の改ざんができる程のトレーダーとなれば見抜くのは至難の業であり、
実際にコピー元として選び出た成績で判断をするしかありません。

コピトレは一度選んだトレーダーを変更できないというシステムではありません

改ざん問題に限らず
選んで成績があまりよくないと判断した場合は
別のトレーダーに変更しましょう。

トレードの履歴が見れないケースもある

コピトレを提供している海外FX業者の中には
何と行われたトレードの履歴が見れないというケースがあります。

該当する場合は単純な投資資金の増減で判断するしかありません。

トレード履歴が見れない場合、投資資金の増減で判断を

履歴が見れない場合はプロのトレードを参考に学ぶこともできず、
如何に勝ったか負けたかの判断もできないため、今後コピー元として選んで問題のないトレーダーかの判断もできないと欠点が多くあります。

最悪の場合はトレード履歴が隠れているのをよいことに、
投資として入金した資金が持ち逃げされるというケースもあります。

国内に比べ規制は緩いものの、
法律面では甘い部分のある海外FXでは十分にあり得る話です。

コピトレを利用する場合は、
まず提供している業者が履歴を可視化しているかサイトの情報で確認した上で、
業者自体が信頼できる運営者であるかを情報収集し判断しましょう。

他の業者へ登録しなければならないケースもある

コピトレを提供している海外FX業者の中には、
自身が提供しているのではなく、
別の海外FX業者と提携して提供しているケースも存在します。

該当する場合・・・
コピトレを提供している海外FX業者だけでなく、
提携先の業者でも口座開設を行わなければいけない

単純に口座開設をする手間が増えてしまうため、
利用する場合は予め業者本人が提供しているか確認しましょう。

しかし海外FX業者によってはコピトレ以外の点において利用するにメリットがあるケースも考えられるため、
該当する場合は手間こそかかりますが提携も理解した上で利用するのも一つの方法です。

自分の資金に気を配らなければならない

コピトレはトレードこそ選んだトレーダーをそっくりそのまま真似しますが、
運用する資金は自分が投資した資金なため
ロスカットに関して気を配らなければいけません

ロスカットは海外FX業者ごとに設定されている保証であり、
証拠金が一定以下の割合になると強制決済されるシステムです。

コピトレの場合は自分でレベルを決められるケースもあります。

ロスカットの危険性

コピトレのロスカットの危険性が高まる原因には主に以下のようなものが挙げられます。

投資資金が少ない
多額の資金を運用
トレーダーの複数利用

投資資金が少なかったり、多額の資金を運用している場合、
相場の動きによって生じるマイナスでロスカットになる危険が高くなります。

コピー元のトレーダーには問題なくても
コピトレを運用している側はロスカットしてしまうケースが出てくるでしょう。

特にトレーダーを複数利用している場合は、
証拠金の分散もあり、ロスカットの危険性が高まります。

投資資金の調整or複数運用をやめてコピー元を一人に絞った方がいい◎

利用には手数料がかかる

コピトレは便利なシステムですが、当然何の見返りもなしに利用できるわけではなく、
基本的に手数料がかかってしまいます

一般のFXにかかる手数料と違いコピトレは取引する毎に必要となる種類だけでなく、
月額料金として支払わなければならない種類もあります
そのため、該当する場合は毎月支払わなければいけません。

手数料に関しても便利なシステムであるため、
一般の自動売買に比べ高額なケースが多く、
海外FX業者によりますが高いものだと利益の3割程度も取られるケースがあります。

これは1000円利益を出せば300円取られる計算となってしまいます。

自分が取引するわけではなく設定も単純にトレーダーを選べばよいと簡単な仕組みであり、高額な手数料がかかるのは仕方のない部分もあるため、
手数料の種類とかかる金額について理解し問題ないか判断した上で利用しましょう。

まとめ

ここまでコピートレードについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

コピトレはFXを始めたばかりで、知識も経験もない初心者の方や時間のない方にとって心強い存在となる一方、利用にはトレーダーの信頼性や資金、手数料等の面に注意しなければならないシステムです。

FX初心者でも利用が簡単なシステムであるものの、
FXに対して何も知らない人間が楽して稼げる存在ではないと分かるでしょう。

国内からFXを取引している方であれば、
将来的に規制の問題もあり、コピトレの利用に影響が出る可能性はゼロといえません。

そのため、プロのトレードに乗っかるだけでなく、
利用する上で今後FX取引を続けて行くため知識や情報収集を心がけましょう。